新着一覧や更新一覧をページ内に簡単に設置できるプラグイン「What’s New Generator」

  • 新着一覧や更新一覧をページ内に簡単に設置できるプラグイン「What’s New Generator」 はコメントを受け付けていません。
wordpressプラグイン

wordpressで固定ページや投稿に新着情報や更新情報を一覧表示できるプラグイン「What’s New Gnerator」

wordpressで作成したブログやホームページでトップページに新着一覧を表示させる場合、「最近の投稿」ウィジェットなどがよく使われると思います。ただ、ウィジェットはウィジェットは設置できるエリアが決まっているため、例えば固定ページの目立つ位置などには設置できません。
そこで今回は、自分の好きな位置に新着一覧を表示できるプラグイン「What’s New Gnerator」について紹介します。

What’s New Gnerator概要

What’s New Gneratorは、固定ページや投稿に簡単なコードを貼り付けるだけで新着情報(更新情報)を一覧表示することができるプラグインです。新着一覧のタイトルの変更・背景色の設定・表示するコンテンツの選択(投稿or固定ページあるいはその両方)・表示順や表示件数の設定・「New」マークの表示期間・日付のスタイル・ピックアップするカテゴリーの指定など様々なことが行えます。

What’s New Gneratorの設定方法

では実際にWhat’s New Gneratorの設定方法について説明していきます。

①What’s New Gneratorをインストール・有効化する

What’s New Gneratorはwordpressの公式ディレクトリに対応していますので、まずはダッシュボードのプラグイン⇒プラグインの新規追加の画面に移動し、「What’s New Gnerator」のキーワードでプラグインを検索しインストールしてください。
次に、インストールしたプラグインの中からWhat’s New Gneratorを探し「有効化」してください。

What’s New Gneratorの有効化

What’s New Gneratorの有効化

②What’s New Gneratorの設定を行う

次に、ダッシュボードの「設定」の中から「What’s New設定」を選択してWhat’s New Gneratorの設定を行います。

What’s New Gnerator設定画面

What’s New Gnerator設定画面

③ショートコードを貼り付ける

What’s New Gnerator設定画面の右上にあるショートコードをコピーし、新着一覧を表示させたい固定ページまたは投稿ページに貼り付けます。
なお、ページに貼り付ける際は、ビジュアルモードで貼り付ければOKです。
あとは、そのページを更新または公開すれば完了となります。

まとめ

この新着情報という機能は、wordpressをブログとしてではなく企業ページや何かしらのサイトとして使う場合によく要望がありますが、このプラグインを使うことで簡単に実装可能です。

似たような機能で、「Post List Generator」というプラグインもいうものもあります。こちらは新着情報だけではなく、記事のバックナンバーやアーカイブページなどもっと一覧表の件数が多いものを作る際に役に立つプラグインとなっています。
「What’s New Gnerator」と「Post List Generator」どちらのプラグインも非常に便利なプラグインですので、是非用途に応じて使い分けてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る